99%のたるみ改善方法は無駄!最近たるみがちな人はこれ

10代もたるみ顔で悩んでいるのにマッサージ?

顔のたるみ改善には、マッサージ、コラーゲン美容液、エステ、ダイエット、美顔器具…などなどいろいろ試されますが、そもそも10代の人でもたるみ顔が多いの知っていますか?

だとすると、いわゆる老化が原因ではないと分かりますよね。本当のたるみ顔改善方法は、もっとシンプルなところにあります。

それは「姿勢」です。

多少の猫背は問題ありません。しかし最近、年齢問わずに姿勢が原因で顔がたるみまくっているんです。

今、10~30代のたるみ顔が急増している理由

若い世代のたるみ顔は老化が原因ではない!

顔のたるみって何か?

一般的には、筋肉、脂肪、真皮(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)の3つが緩んだり衰えたりすることです。

脂肪は肥満なのでダイエットすればたるみは消えるはず。しかし、やせているけど顔がたるんでいる人がいます。

筋肉と真皮の衰え。普通は年齢による老化現象です。しかし、10代、20代、まだ若いはずの30代も深刻なたるみ顔になっています。

では何が原因なのでしょうか?

2010年から増えだしたたるみ顔と同時期に増えたのは?

若い世代で増えたたるみ顔。この悩みが急増したのが2010年以降です。

この時期に何が起きていたのか?

そう。スマートフォンの普及です。

実はスマホブスという言葉があるように、スマホは非常に顔を老化させるものだったのです。

スマホの姿勢は顔を支える筋肉を使わなくなる

スマホはみんな首を前に傾けて、首だけおじぎをした格好で使いますよね。しかもその状態で長時間。

家で、移動中、学校や職場、また家に帰って寝るまで…

ガラケーの時代だと、せいぜいメールくらいしか集中して携帯を操作しませんでした。しかしスマホになってから、今までやらなかったゲームに熱中する人が増え、いろいろなアプリが出たおかげでスマホ操作にかかる時間が大幅に伸びたのです。

この連続した首だけおじぎ姿勢になると、顔から首にかけての姿勢を維持する筋肉がほとんど使われません。決して重力に負けるからではなく、無意識に使っている筋肉が使われなくなり、そのせいで顔全体の皮膚、肉が垂れ下がってたるみ顔になります。

腰→首→耳がまっすぐではない時間、角度が大きいほどたるむ

ヨガや踊り、ダンスをやっている人は、60歳以降でも顔のたるみがあまりありません。

なぜなら、これらが長時間いい姿勢を維持できるから。そして普段の日常の姿勢もこれに影響されるため、常に顔から首にかけての筋肉が使われるからです。

こういう人はあまりスマホにどっぷり浸からない傾向のようです。スマホにどっぷり時間を費やすほど暇じゃないからなのでしょう。あと、習い事などで作られた正しい姿勢が、逆にスマホの操作姿勢を不快にさせてしまうのではないでしょうか。

一般の人はどうすればいいか?

真横から見て、腰、首、耳の中心がなるべく一直線になる姿勢をこころがければいいだけです。スマホ操作はこれが大きく曲がります。

この3点を結ぶ線が真っ直ぐであればあるほど、顔の皮膚、肉が斜め後ろに引っ張られる格好になります。

2010年頃から急速に広まったスマホ。このせいで、今までやらなかった姿勢をとる時間が急増。そのせいで若い世代にもたるみ顔が増えていたのです。

マッサージがダメダメな理由

リンパマッサージ?「むくみ」と「たるみ」は違うよ

顔のたるみ解消方法で人気なのがリンパマッサージ。

確かに効果はあります。ただ、これはむくみが解消されたのであって、たるみがなくなったわけではありません。だからすぐにフェイスラインは元に戻ります。

マッサージでハリは戻らない

マッサージするとお肌の血行が良くなり、肌の再生が活発になりうんぬん…

そんなことはありません。そもそも血行不良がハリ不足の原因ではありません。含まれますがメインではないです。

顔の血行は顔のマッサージで改善されるものではありません。手先、足先が冷えるのは血行が悪いからですが、だからといってマッサージして改善されるでしょうか?

逆に運動をすると解消されますよね。つまり、血行改善はその部分のマッサージではなく、体全体の血行を変えないと意味がないということ。

造顔マッサージのデメリット

顔をマッサージし続けると摩擦で角質と真皮が痛みます。目に見えない炎症がセラミド生産を阻み、コラーゲンの破壊酵素が暴れます。

程度によりますが、たるみを解消する場合は造顔マッサージのようにかなり圧力をかけてしまいます。力をかけても一時的に持ち上がるだけ。血行もリンパもイメージのようには影響されず、デメリットのほうが大きいのです。

むくみならスクワットを1日10回でも解消されるぞ

そもそもむくみ解消なら、筋トレでも始めれば簡単に消えますよ。特に女性は。

何もムキムキになる必要はなく、太ももとお尻に効くスクワットをやればむくみは大幅に解消されます。顔がむくんでいるから顔をマッサージするのではなく、もっと太いリンパを、もっと太い血管を動かせるポンプを鍛える。こっちが正解です。

エステサロンがすごく効くという幻の秘密

エステを受けるときの姿勢が幻のたるみ解消効果を生む

エステサロンで顔のマッサージを受ける場合は、基本的に仰向けに寝ていますよね。

じゃあ、あなたの顔が一番引き締まって見える姿勢は何かというと…寝ているときなはずです。

寝起きなんかはむくみがあるので違うでしょうが、今この瞬間なら仰向け状態の顔が一番たるみがないでしょう。逆に顔を前に下げればたるみが強調されます。

エステサロンで施術を受けている際に、顔のたるみが一時的に引っ張られた状態で癖付きます。これに、体全体のマッサージ効果が加わり、リンパの流れ改善と合わさることで、かなりのたるみ顔解消効果が生まれるのです。

だからエステサロンの効果はすごいと感じるのですが、たるみ原因は解決されていないから何度も通う必要が出てきます。エステ大儲かり!

マッサージが下手だとエステ地獄にはまる

エステのマッサージ技術はかなりピンキリです。

いいところなら安全ですが、ひどいところだとコラーゲンを破壊しまくる施術を受けることになります。

通い続けているとなぜか顔のたるみが酷くなってきた…エステで相談すると、年齢やストレスなどに耐えきれなくなってきたのかも!◯◯様だけの特別なプランがございます!ぜひこちらもご契約を!

となり、たるみ顔解消のために通いだしたエステサロンが、いつの間にかお金を吐き出し続けることになるなんてことも…

その他のたるみ顔対策方法も微妙~でした

美容鍼・ツボ押し

人によってはかなり変わることもあります。でもこれは、微妙なたるみには効きますが、はっきりとしたたるみには役立たず。

針やお灸、ツボで解消されるのは、やはりリンパの流れや血行。そして筋肉のこわばりなどです。

太ってもいない。だけど何となく顔が引き締まって見えない…

こんな人はシャキッとした表情が手に入るのでやってみる価値はあるでしょう。しかし、微妙でもないたるみ具合なら焼け石に水ですね。

美顔器

美顔器にもいろいろありますが、メインはコラーゲンを増やす、高めるという目的。これによりハリを高めてたるみを消すわけです。

しかし外部からコラーゲンを増やすには、それなりのレーザーを当てるか、注射でコラーゲンを生む線維芽細胞を刺激しないとほぼ不可能です。

他にもレチノール、FGFなどの美容成分もありますが、たるみを解消するほどのハリを生み出すのは、どのみち難しい話です。

スマホをやめるしかない?本当の顔のたるみ対策方法は?

スマホの姿勢が原因…とだけ意識しておくだけで引き締まる

今まで、スマホの姿勢がそんなに美容に悪いなんて意識しなかったでしょう。でも、あらゆる顔のたるみ対策をやっても大した効果がない今なら、スマホの利用についてちょっと考え直しましたよね?

その意識があれば十分です。

顔がたるむほどスマホ利用時間が長い人は、ぶっちゃけその半分くらいは無駄なことをしていませんか?

とくに用事もないのにフェイスブックやTwitterをウロウロしたり、何時間もゲームをやったり…

しかしそれが顔のたるみ原因だと分かったので、これからは今より無駄なスマホ時間が減ると思います。

また、ふと自分の姿勢が悪いことにも気づきやすくなりますし、スマホを使うときもなるべく首が前に垂れすぎないように注意しますよね。こういった違いだけでも、まだ老け込む年齢じゃないならフェイスラインは引き締まってきます。

スキンケアをするならセラミドアップなどバリア機能改善が重要

ハリを出すためにあれこれスキンケアを頑張る人も多いですが、ハリに関しては補助的で十分です。

絶対にやるべきことは、肌水分量を高めてバリア機能を維持すること。顔のたるみをひどくしたくないなら、非常に重要です。

顔のたるみは主に筋肉の緩み、劣化ですが、やはり10代と30代ではたるみ具合に差が出ます。その理由が真皮のハリです。

真皮ではコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が弾力を維持しています。これらを作る力は、10代をピークにどんどん落ちていくからです。
これは仕方がありません。

しかし、30代以降でもコラーゲンが多いか少ないか?で差が出るポイントがあります。それがバリア機能です。

肌水分を維持するセラミドを中心としたバリア機能は、コラーゲンを破壊する紫外線やホコリ、乾燥した空気などの刺激を跳ね返します。つまり乾燥した肌は、たるみやすいということです。

女性は食事やサプリメントでコラーゲン摂取がお手軽

男性はそうでもないですが、女性は意外とタンパク質不足の人が目立ちます。

10代や20代はダイエットのため。30代以降は家事や仕事のストレスなどで肉類があまり喉を通らなくなる人が多くなり、タンパク質不足の人が増えてきます。

何も無理に肉を食べる必要もありません。できるだけ食事でタンパク質をとり、足らないところはサプリメントで補えばいいでしょう。

昔はコラーゲンをとっても意味がないとされていましたが、特定のコラーゲンペプチドには、仲間を作るのを促す働きがあることが分かっています。今まで気のせい?と思っていたコラーゲン鍋やすっぽん鍋も、科学的に意味があることが証明されています。

肌のハリを作るコラーゲンはタンパク質不足だと元に戻りません。特に女性は男性より食が細くてタンパク質不足になりやすいため、よりたるみ顔に悩まされると言ってもいいでしょう。

たるみ顔な人が使うべきスキンケア化粧品

ビーグレン Qusomeリフトアップ

  • コラーゲンを壊さないマッサージ
  • 本来のたるみのない位置をキープ
  • 美容クリニックでお馴染みのエイジングケア成分
  • 即効性があるから今すぐ引き締まった表情に

今までのたるみケアとは全く違う製品。ハリに足りない原因をケアしつつ、たるみのない本来の位置を維持できる特別なマッサージローションです。

仮にコラーゲンな修復されても、そのとき顔がたるんでいたら間違った位置、方向で再生されます。つまり顔の正しい引き締まったフェイスラインが戻らないことになります。

ビーグレンは独自のリポソーム技術で成分をしっかり届け、表面では顔のたるみを引き上げ維持。これによりいつでも引き締まった表情を維持しつつ、たるみ解消の失敗ない土台を作ります。

朝使うことで、スマホの際のたるみ要因を緩和。お疲れ顔の印象がすぐに変わるので、日中人前によく出る人にもうってつけ。

ディセンシア アヤナス

  • 敏感肌専門ブランドで肌質を問わない
  • 高品質セラミドとバリア機能を高める特許技術はディセンシアだけ
  • コラーゲン生成ケア、コラーゲンを壊す糖化ケアのWパワー
  • 冷え、炎症によるセラミド不足もカバー

肌の乾燥が常々の悩みならこちら。高い保水力と肌への優しさで定番となっています。

敏感肌専門ブランドなのにエイジングケアも心配なくできる唯一のコスメ。エイジングケアにも妥協がなく、ハリ感を最後に支えるコラーゲンケアも2つ。コラーゲン増加と減少原因の2つに着目しているから、一般的な増やすだけのコスメと比べると大きな差となります。

肌の水分感が高まり透明感もアップ。ぼやけていたフェイスラインがキリッと引き締まって見えるのも嬉しいポイント。

FUJIFILM アスタリフト

  • 水分感と維持で飛び抜けた実感
  • 最高の美容成分アスタキサンチンをどこよりも高い浸透技術で
  • 女性を綺麗にするダマスクローズの香り
  • 3種類のコラーゲンでみずみずしいハリ感

アスタリフトの特徴は何と言っても浸透技術。フィルム技術がベースだから一般的なコスメブランドでは不可能なことをやってのけます。

その代表がアスタキサンチンの安定配合と浸透性。顔のたるみに悩むような環境にある人には、喉から手が出るほどとどめたい美容成分。通常は濃度、安定性ともに維持が難しく、高コストなためあまり化粧品では見かけません。アスタリフトはこれを高水準でクリア。

同じ技術を用いたセラミドジェルは業界最高クラスの濃度で潤い感も抜群です。乾燥と、これまでのたるみ原因改善に努めていくなら、アスタキサンチンはどんな美容成分より大きく貢献してくれます。

特に女性に注目!食が細い人はこれでプリッと

ていねい通販 すっぽん小町コラーゲン

  • 佐賀県の栄養価が高いすっぽんが原料
  • サプリメント業界では珍しい電話営業、契約縛りなし
  • 量より質!を実感させてくれる高品質コラーゲン
  • 初回のみ契約でもほとんど割高にならない

胡散臭いものが多い美容系のサプリメント。その中でずっと売れ続けているのがすっぽん小町です。

佐賀県の料亭で食べられる種類のすっぽんを使用。純粋にコラーゲンのみを摂取するより、体により染み込む優れた栄養バランスが特徴です。

定期購入で割引がありますが1回のみでもO.K.です。面倒な人はお試し購入も可能。その場合でも差額は500円ほどなので、よくある最初だけ激安、お試しは激高という嫌な契約内容ではありません。品質と実感、そして騙しがないからずっとトップなのが分かりますね。

Copyright (C) 2017 99%のたるみ改善方法は無駄!最近たるみがちな人はこれ All Rights Reserved.